プロフィール

ひみつNo.36480

登録 2018年8月11日

明細数 0 明細

おとなりさん 0 人

RSS

スポンサーサイト

カレンダー

  8月 次月
01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

他ユーザー最新記事

貯金した yayu

通院日 yayu

今月も yayu

paypay使ってみた cheki

【2018クリスマスコフレ】人気の冬限定特集アイテムたちをPICK UP! ひみつNo.36476

驚くほど安いセールのあるうちに、かわいいアイテムをピックアップしましょう! ひみつNo.36476

クーポンあり!見るだけでも暖かく感じるAmazonアイテム!最大65%OFFゲット! ひみつNo.36476

【平成最後の福袋】人気福袋まとめ情報必見! ひみつNo.36476

お出かけ yayu

決心 Cuckoo

【2018秋冬旅行】絶景のオススメツアー!秋冬の旅はここで決まり! ひみつNo.36476

【Amazonお得情報】最大40%OFF:mi pad、スマホ周辺機器、冷蔵庫など ひみつNo.36476

【ホーム用品特集】お得な情報で幸せな暮らしを!最大半額をゲット! ひみつNo.36476

【2018のクリスマスアイテム】おうちクリスマスたのしく準備しよう ひみつNo.36476

【冬に食べたい!冬季限定美味しさ】クリスマスにぴったりのお菓子たち! ひみつNo.36476

最大70%OFF!Amazonで冬の好物をピックアップしよう! ひみつNo.36476

健康ライフに役立つ情報:30%OFFクーポンをゲットしよう! ひみつNo.36476

【冬のボディケア必見】肌本来の美しさを引き出のボディクリーム! ひみつNo.36476

たっつんが眼を開けると、許松の連れてきていた供の物 ひみつNo.36464

メンズ特集:最大40%OFF Amazonクーポン情報一覧! ひみつNo.36476

2018年8月 月間アーカイブ

2018/8/29

武吉とたっつんの到着に気付いた二人は、「こ

<pre>
武吉とたっつんの到着に気付いた二人は、「これはこれはお久しゅう。」と笑顔で武吉に挨拶をした。武吉とたっつんも挨拶を終えると、突然、武吉が初老の男に、「申し訳ございませ日本轉運香港!」と謝り始めた。突然の武吉の行動に、たっつんが、(あれ?日本最強の海賊の頂点だろ?何で頭下げてんの?)と、混乱するが、武吉が頭を下げているのに、自分が下げない訳にはいかない。訳がわからないまま、武吉の隣で謝ると、部屋にいた壮年の男が、「何か問題があったようですな。ワシは、しばらく席を外させて頂きますよ。」と言って去って行った。壮年の男が部屋を去ると、頭を下げられている初老の男が、「武吉殿。突然どうなされた。泣く子も黙る村上水軍当主のする事ではございませんぞ。」と、優しい声音で武吉を起こそうとした。すると、「海獅子様とお会いしました。」と、武吉が言い放った。「…な、なんじゃと?」」初老の男は明らかに動揺したようである。先程の優しそうな表情を一変し、見開いた眼で武吉を見ると、その両肩をガシッと掴み、「ま、ま、誠か!!鳳兄が、鳳兄が生きておったのか?!今どこにおる!!直ぐに連れて来て頂きたい!!」
</pre>

2018/8/29

朝嵐。室町時代、備前長船派の名工、右京亮勝

<pre>
朝嵐。室町時代、備前長船派の名工、右京亮勝光作の日本刀である。表に真の倶利伽羅、裏に天照皇太神との神名を刻んである、刃長二尺(約60cm)の打刀である。現在では、重要美術品と打斑機れている刀で、まさしく名刀である。「旦那様が用いられれば、その名の通り、乱世に日の出をもたらす嵐になると信じております。」隆行は、気恥ずかしそうに、頭を掻くと、「そんな大げさな者でも無いが、ありがとう。ありがたく貰っておく。」と、礼をした。則正は、そんな隆行に再度深く頭を下げ、「某は、今後商人として生きてゆく所存ですので、こういった形でご協力させて頂きます。それでは、船の方を港に用意をさせてありますので。」と、店の者と一緒に港まで送ってくれた。
</pre>

2018/8/29

中に入ると、忙しそうに男達が動き回っていた。

<pre>
中に入ると、忙しそうに男達が動き回っていた。活気と炎で真夏のようである。銭を渡した男が丁寧に中を案内してくれた。「そして、ここで鉄を打つのです。」案内の者が、そういっContent Marketing時、隆行の視界にサングラスをして鉄を叩いている男が入った。(おっ!G、頑張ってるじゃねぇか!)しかし、声をかけて邪魔してもいけないので、そのまま案内に従い一周すると鍛冶場を出た。外に待たせていた用心棒と合流し、宿を探し、見つけると、馬に括りつけていた小さな葛籠を持って、一人で再び鍛冶場に向かった。そして、鍛冶場の出入り口でGの仕事終わりを待った。夕方になると、鍛冶場からぞろぞろと人が出てきたので、(そろそろだな。)と思ったが、Gがなかなか出てこない。気になった隆行が中に入っていくと、Gはまだ鉄を打っていた。
</pre>

2018/8/29

「くそがっ!」ドゴン!と床を叩いた

「くそがっ!」ドゴン!と床を叩いた隆行に他の将達が声をかけた。「隆行殿、これは如何にも難しい戦になるかと…。」「そもそも、500が篭る大津城に先陣の部隊のみでは、正面cosdermaらでなくとも苦戦となるのでは…。」心配をしてくれるが、隆行に増援するような事となれば、軍令違反となってしまう。皆、心配をする事が精一杯の援護であった。キッと地図を睨んだ隆行は、「こうなれば…、仕方が無い。明日、我が先陣が正面から攻めよう。」唸るようにそう言うと、部隊に戻り、斥候を四方に放ち浅い眠りについた。翌朝、未明に目を覚ました隆行は早速、兵達に朝食をとらせ、斥候の報告を聞いた。「長宗我部の後詰は未だ姿を見せておりません。」「大津城は、城に篭ったまま防備を固めているとの事です。」「周辺の豪族で、特に動きだした家はございません。」