プロフィール

ひみつNo.36480

登録 2018年8月11日

明細数 0 明細

おとなりさん 0 人

RSS

スポンサーサイト

カレンダー

前月 12月  
01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

他ユーザー最新記事

貯金した yayu

通院日 yayu

今月も yayu

paypay使ってみた cheki

【2018クリスマスコフレ】人気の冬限定特集アイテムたちをPICK UP! ひみつNo.36476

驚くほど安いセールのあるうちに、かわいいアイテムをピックアップしましょう! ひみつNo.36476

クーポンあり!見るだけでも暖かく感じるAmazonアイテム!最大65%OFFゲット! ひみつNo.36476

【平成最後の福袋】人気福袋まとめ情報必見! ひみつNo.36476

お出かけ yayu

決心 Cuckoo

【2018秋冬旅行】絶景のオススメツアー!秋冬の旅はここで決まり! ひみつNo.36476

【Amazonお得情報】最大40%OFF:mi pad、スマホ周辺機器、冷蔵庫など ひみつNo.36476

【ホーム用品特集】お得な情報で幸せな暮らしを!最大半額をゲット! ひみつNo.36476

【2018のクリスマスアイテム】おうちクリスマスたのしく準備しよう ひみつNo.36476

【冬に食べたい!冬季限定美味しさ】クリスマスにぴったりのお菓子たち! ひみつNo.36476

最大70%OFF!Amazonで冬の好物をピックアップしよう! ひみつNo.36476

健康ライフに役立つ情報:30%OFFクーポンをゲットしよう! ひみつNo.36476

【冬のボディケア必見】肌本来の美しさを引き出のボディクリーム! ひみつNo.36476

たっつんが眼を開けると、許松の連れてきていた供の物 ひみつNo.36464

メンズ特集:最大40%OFF Amazonクーポン情報一覧! ひみつNo.36476

2018/12/11

しかし、たっつんは、真剣な様子で、「どう対

しかし、たっつんは、真剣な様子で、「どう対処しようと思うておる。」許松に問いかけた。「ひょっひょっひょ。ついに、ワシの知恵まで借りようっちゅうんか。ひょっひょっひょ。」九肚山樓盤と笑って、問いかけに応えない。しかし、笑っても去らない許松に、(これまでと違う。これは、やっぱり真剣な話だ。)そう感じたたっつんは、「村を守っていた絶壁が崩れた。どこかへ移動するのが良いと思うが…。」自身の考えを述べた。しかし、許松は、答えを返さない。変わりに言った事は、「ひょっひょっひょ。もはや、この村の者はヌシを海獅子の後釜と認め始めておる。ヌシが決めよ。」という言葉であった。(くそっ。このジジイだけは、相変わらず、よく分からねぇ。)許松の態度に少しイラつき始めたたっつんは、「少しは力になれ!!」言葉に乗せて、許松に噴気をぶつけた。

2018/11/22

この隼人を筆頭に、多数の婚姻話をかわし続けた野球部

この隼人を筆頭に、多数の婚姻話をかわし続けた野球部一行は、隼人、金兵衛、藤吉郎、そして弥吉と志願兵1500人という大所帯で佐渡を離れようとしていた。(しかし、弥吉め…。気づけば、こんな人数連獨立別墅てきやがって、どうやって養えっていうんだよ。どうせ、それを考えるのも俺だっていうんだろう?)表情は明るくとも、今後の事や、住みなれた土地や人々との別れに不機嫌な隼人は、「そろそろ出ぬか。」と、陸へ向かい笑顔を振りまきながら、弥吉へ出航を促(うなが)していた。「はは。そうじゃな。これでは、いつまで経っても船出が出来ぬ。」弥吉が隼人の言葉に同意を示し、船頭の元へ向かって行くと、「やっとこせぇのよいおあなん!」『おん!!』船乗り達の逞(たくま)しい掛け声が聞こえてきた。それに伴い、船も力強く動き始める。すると、停泊していた他の船も呼応するように動き始め、船団は一つにまとまり佐渡の地を後にしていった。そして、越後の直江津の港に到着した野球部一行は、出迎えに来ていた長尾家の者達の歓待を受け、「言うた通り、道中の手配は済ませておいたぞ。」と言う景虎のもとに一泊した。隼人達のために、時間を作っていた景虎は、野球部のための酒宴をひらくと、「おぃ。こないな大所帯、どう養う気じゃ。佐渡を渡すなどと言うて、多くの民を連れていきおって。」隼人に向かい冗談っぽく意見をした。

2018/10/19

「よぉ。」唐突に現れた隼人が景虎に声をかけ

「よぉ。」唐突に現れた隼人が景虎に声をかけると、驚きに刀を抜きかけた景虎が、「んな!…は、隼人か!」と刀を納めた。これが、国主として気安く会えない景虎に、気安くあうた台灣轉運香港に発見した隼人の登城ルートであった。景虎のいる春日山城の本丸すぐ裏手には、夏も枯れない大井戸がある。この井戸は、サイフォンの原理というものを使用し、近隣の山々の深層から水を汲み上げていた。隼人が出たところは、この大井戸であり、春日山城の皆さんにとっては、井戸を通るなど、とても迷惑な話である。そして、春日山城の本丸近くにあるお堂。これは戦の神、毘沙門天を崇拝する景虎が、戦の前や、悩みがある時によく篭(こも)ったと伝えられる、毘沙門天を奉ったお堂であった。

2018/9/14

(暑い…鎧…脱ごうかな…。)元来、自由人な

(暑い…鎧…脱ごうかな…。)元来、自由人な隼人にとっては、指示や依頼の有無よりも、夏の暑さと、その暑さで再び鎧が汗臭くなる方が大きな問題であった。(脱ごうかな…。戦況は、まだ動かんかSocial Media Marketing?)これまでに数々の喧嘩の場を経験してきた隼人としては、なんとなく、戦の匂いというモノを感じられた。しかし、これはあくまで直感であるため精度の程は疑わしいが、隼人は、この直感に全幅の信頼を置いていた。その感覚で見ると、犀川を挟んで陣取る武田家にすぐに動きそうな気配も無く、それは、長尾側を同じであった。(まだ、戦にはならんな。景虎は、忙しそうだし、弥太郎も護衛しとるみたいだし…。)隼人は、近くをキョロキョロし、日陰を探していると、見覚えのある旗印を見付けた。(あ。政景さんトコの陣だ。)現在、野球部が隠れ住んでいる坂戸を預かる領主、長尾政景の陣であった。長尾政景。後に、上杉謙信の後を継ぐ上杉景勝の実父である。長尾景虎(上杉謙信)と、その兄、長尾晴景の派閥抗争の折、晴景派に付き景虎と争い、晴景が敗れると、景虎が家督を継いだ事に不満を抱き謀叛を起こした人物である。しかし、謀叛を起こし、景虎の猛烈な攻撃に降伏した後は、景虎の重臣として活躍し、越後坂戸城主になった上田長尾家の当主でもある。

2018/9/12

「そうだ!急げ!連れて行ける者だけ連れて行く!あと

「そうだ!急げ!連れて行ける者だけ連れて行く!あとの者は追って来るよう手配してくれ!」「御意!」「それから、朝、評定に集まる者達と、東の国境にいる宗珊殿にも知らせておいてくれ!」日本代運推薦「承知致しました!」寝起きだと言うのに、歯切れの良い新吉は、何を知らせるかを聞かなくても分かっているようで、「他には?」と、隆行に尋ねた。(こういう急いでいる時は新吉に限る!)そう考える隆行は、「他は無い!とにかく急いでくれ!」と、言葉を放つと、「承知!」新吉が駆け出して行った。そして、具足をつけ、朝嵐を腰に差した隆行は、兜を手に持ち駆け出すと、屋敷の中は大騒ぎになっていた。それでも、厩には20名ほどの武士が集まっているのは、[兵は神速を尊ぶ]と、隆行が再三伝えて来た成果であろう。急いで用意されていた馬に跨った隆行は、屋敷の方へ向かい、「落ち着け!後からでも良い!」と叫ぶと、集まっていた倉橋家の武士達を見て、「夜中にも関わらず、見事な早さだ!行くぞ!」と、矢のように屋敷を飛び出して行った。